平成29年度対ブータン無償資金協力に係る交換公文署名式及び草の根・人間の安全保障無償資金協力に係る贈与契約署名式の実施

平成29年12月19日、平成29年度対ブータン無償資金協力の交換公文及び草の根・人間の安全保障無償資金協力の贈与契約の署名式を在インド日本国大使館にて実施し、平松賢司駐ブータン日本国大使とヴェツォプ・ナムギャル駐日ブータン大使が署名を行いました。

平松大使は、無償資金協力、草の根・人間の安全保障無償資金協力、更には技術協力もうまく組み合わせ、大小様々なニーズにきめ細かく応えながらブータンの経済発展に一層貢献していきたい旨を述べました。

なお、各案件の概要については12月12日付のプレスリリースをご参照ください。
 
1.無償資金協力
「災害用緊急時移動通信網整備計画」
 実施機関:ブータンテレコム(国民総幸福量委員会)
 供与額:9億7,900万円
 
2.草の根・人間の安全保障無償資金協力
(1)「タシヤンチェ県ジャンカル地区における灌漑用水路改修計画」
 被供与団体:ジャンカル地区役場
 供与額:約830万円
 
(2)「タシヤンチェ県における手すき紙工房建設計画」
 被供与団体:タシヤンチェ県
 供与額:約820万円
 
(3)「ティンプー市チャンジジ地区における診療所建設計画」
 被供与団体:ティンプー県
 供与額:約810万円


平松大使(左)とナムギャル駐日ブータン大使(右)