アナンタ・アスペン・センター主催講演会での平松大使講演

2月6日、平松大使は、アナンタ・アスペン・センター主催講演会において、「India & Japan: Towards A Higher Stage」と題する講演を行いました。講演は、B.J.パンダ下院議員がモデレーターを務め、ブレーム・ダース・ラーイ下院議員、スガタ・ボース下院議員、ヴィヴェック・K・カンタ上院議員、バーラテンドラ・クンワル・シン下院議員の他、多くの有識者、ビジネスマン、外交官、学生が参加しました。講演の中で平松大使は、今後の日印関係の発展の中心となり得る分野として、(1)防衛・安全保障協力、(2)インド北東部を含む戦略的連結性、(3)「メイク・イン・インディア」での協力、(4)環境、(5)日本語教育、の5つの分野での取組等につき話しました。
 
講演本文はこちら