インド高速鉄道に関する第6回合同委員会の開催

20171122日、デリーにおいて、インド高速鉄道に関する第6回合同委員会が開催されました。この会合には、日本側から和泉洋人内閣総理大臣補佐官(日本側の共同議長)を団長として、関係部局(外務省、財務省、経済産業省、国土交通省、JICA等)の幹部が参加し、インド側からはラジブ・クマール行政委員会副委員長(Mr.Rajiv Kumar, Vice-Chairman, NITI Aayog(NationalInstitution for Transforming India Committee)(インド側の共同議長)を団長として、鉄道省、外務省、商工省等関係確省及びインド高速鉄道公社の幹部が参加しました。

 

この会合では、インド高速鉄道の進捗や今後の工程を確認するとともに、メイク・イン・インディア(現地生産)の推進や駅周辺の交通基盤の整備について議論を行いました。

 

日本政府としては、ムンバイ・アーメダバード間高速鉄道への新幹線システムの導入の実現に向け、引き続き、両国間で取り組んで行く考えです。