ハリアナ州首相との面談

2017年5月9日、平松大使はハリアナ州のマノーハル・ラル・カッタル首相とチャンディガルで面談しました。

ハリアナ州側からは、クッラー首相府首席次官、デシ同州首席次官、ラジパル産業首席次官、ヴンドゥル同州投資産業開発公社(HSIIDC)社長他が出席しました。日本側は三菱重工インド小西社長、双日インド小西社長、JICAインド坂本所長、JETROインド仲條所長が同席しました。

会談では、同州のビジネス環境改善に向け、在留邦人保護、グルガオンでの単一行政手続窓口(シングルウィンドウ)設立、電力・水・道路整備、規制緩和等につき議論しました。その他、DFC(貨物専用鉄道)、新交通システムの開発支援、技能教育、人的交流等についても話し合われました。