ベンガル・グローバル・ビジネス・サミット2017への日本の参加

1月20日、平松大使は西ベンガル州コルカタを訪問し、「ベンガル・グローバル・ビジネス・サミット2017」に出席すると共に、ママタ・バナジー州首相と意見交換しました。
 
同式典は2015年から毎年開催され、今回が3回目となります。日本は同式典のパートナー国となっています。式典にはムカジー大統領、バナジー州首相、アミット・ミトラ同州財務・商工大臣、バングラデシュのアム産業大臣に加え、産業界要人等が列席しました。
 
平松大使は開会式に来賓として登壇し、祝辞の中で、「自由で開かれたインド太平洋戦略」の推進にあたりインドと東南アジアの結節点に位置する同州の重要性を指摘すると共に、同州と日本との歴史的なつながり、同州に対する日本の開発支援、ダージリンなどの観光資源を有する同州と日本との観光促進の可能性、同州内での日本企業の活動概要などについて述べました。(平松大使の挨拶原稿
 
また、平松大使はバナジー州首相を表敬し、観光や文化交流での連携やインフラ整備のための協力につき意見交換しました。
 
 
平松大使による挨拶



バナジー州首相と平松大使